平成18年4月から禁煙治療が保険適応されました。これは喫煙を単なる習慣や嗜好と考えるのではなく、ニコチン依存症という病気としてとらえ、必要な治療を行うという考え方からです。
保険診療による禁煙治療は、一定の条件を満たした喫煙者ならどなたでも受診できます。

具体的に言いますと・・・

「保険診療による禁煙治療を受けたいのですが?」
まず専門外来で問診・診察を行います。そこで、
1. 直ちに禁煙しようと考えているか。
2. 簡単な問診表によりニコチン依存症と診断されているか。
3. ブリクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上であるか。
4. 禁煙治療を受けることに文書により同意しているか。
以上を確認します。
これら4つの条件すべてに該当している方が保険診療による禁煙治療を受けることができます。
(現段階において該当しない条件があると保険診療による禁煙治療を受けることができません。)

「どんな診察をするの?」
初診、禁煙監視2週間後、4週間後、8週間後、12週間後の計5回の診察があります。
禁煙状況や離脱症状に関する相談、禁煙継続のアドバイス、呼気一酸化炭素濃度の測定、ニコチン製剤の処方などを行います。

「一酸化炭素濃度って?」
一酸化炭素は、タバコに含まれる有害物質です。タバコには約200以上の有害物質が含まれており、その他に代表的な有害物質としてニコチン、タールがあります。
はき出した息に含まれる一酸化炭素を計測して有害物質をどれくらい取り込んでいるかを測定します。診察毎に測定することで、禁煙が継続できているかの目安になります。

「禁煙の薬ってどんな薬?」
ニコチン製剤(ニコチンパッチとニコチンガム)があります。
ニコチンを薬剤の形で補給することで、禁煙の離脱症状を抑え、禁煙を助けてくれます。薬を使うと禁煙の成功率が約2倍高まると言われています。
平成18年6月からニコチン製剤も保険適用となりました。

禁煙外来は、当院循環器科外来で毎週水曜日午後3時から予約制で行っております。
詳細につきましては、循環器科外来にお問い合わせください

                             二戸病院循環器科長  西山  理  ai1.gif

7月19日に、岩手医大医学部1年生の方々の「地域医療見学実習」がありました。
実習の目的が、「地域が抱える医療等の問題点を直接自分たちの目で確認し、解決策等を考える。」ということで、当病院長へのインタビューと病院施設を見学されていきました。
2時間程度の短い時間ではありましたが、率直な意見交換を行い、非常に中身の濃い時間を過ごして頂けたかと思っております。

当院では、医学生の方々を対象とした病院見学を受入れております。
(二戸病院を是非、肌で感じて頂きたい!)
興味ある方は、ご連絡ください。→病院見学・実習のご案内

IMG_5715.JPG

7月12日、二戸市シビックセンターにおきまして、当院主催の市民公開講座を開催しました。
当日は、市民の皆さまに多数参加いただき、大変感謝しております。

内容は、村田リハビリテーション科長からの「よくある頭痛」、曽根整形外科長からの「腰痛について」の2題の講演をさせていただきました。
どちらも身近なテーマということで、ご参加された皆さまにもお役に立てたかと思っております。

次回は、秋ごろに開催を予定しております。
(詳しいことが決まりしだい、当ホームページでお知らせします。)

IMG_5693.JPG

7月6日の夕方、病院1階ホスピタルストリートにおきまして、七夕コンサートを開催しました。
患者さま方、病院職員や二戸高等看護学院の学生さん、あわせて約100名のにぎやかコンサートとなりました。

IMG_5671.JPG

IMG_5618.JPG


職員と看護学生さんとのコーラスやトーンチャイムなどで、患者さま方の気分転換に少しはお役に立つことができたかと思っています。

これらも、このような楽しい企画を続けていきますので、ご期待ください。
(さあ、次はクリスマスコンサートだ!)

皆さまは「AED」をご存知ですか?

AEDは、自動体外式除細動器の略称です。
心筋梗塞や事故で心停止に陥った場合、いち早く心肺蘇生を行うと同時に、必要により心臓に電気ショックを与えなければなりません。このときの電気ショックに使用される医療器械です。

二戸病院では、院内数ヶ所にAEDを設置し、もしもの場合に備えています。
(最近では、デパート等の多数の人々が集まる施設には設置されはじめています。)

       IMG_5598.JPG

また、AEDは、医師や看護師でなくても使用することができることから、定期的に実技講習を開催し、院内全職員が使用できるよう訓練しています。

       IMG_5246.JPG

【ご提言の要旨】
 脳神経外科・スタッフご一同様
 元気だった父が入院し、治らない病気と知ってからの4ヶ月は本当に辛いことでしたが、先生・看護師の皆さまに良くしていただき病人・家族とも救われました。心より感謝しております。
 ありがとうございました。

【回答】
 感謝のお気持ちを職員と共有いたしました。
 今後も満足度の高い医療の提供に努めていきます。

最新情報配信

* サイト内の文章・写真などは岩手県立二戸病院の著作物です。引用の際には引用元を明記してください。